住友不動産で建てよう!                        貧乏商社マンの注文住宅奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスト仲介に腸煮えくり返ってます!

とうとう、不安が的中しました!

打ちは持ち家マンションに住んでいて、土地を購入マンション売却を横浜の仲介業
「リスト」に お願いしました。

26日の完全売却&土地+建物購入の借入に向け

マンションの売却も順調に進み、26日に以下の手続き業務の予定でした。
1.私のマンションを購入した買主が銀行で借入
2.私のマンションのローンを完済する手続き
3.私のマンションの抵当権抹消手続き
4.土地購入のローン借入、抵当権設定手続き

と、言う流れだと説明受けた上で私が自ら動くことは何も
言われていませんでした。

で、昨日土地購入のために本審査を無事に通ったと連絡があった
銀行の方から「現在のローンを完済するための手続きはもう済んでますよね?」

ん?

当然、何もしていない(聞いていない)ので「いいえ?」と答えたら
このままでは、26日の手続きは間に合わないと!

慌てて、リストの担当営業マンに連絡したところ、「それは銀行がおかしい」と
双方に食い違いが・・・

再度、その旨を銀行さんに連絡したところ、「その仲介は有り得ない!」と。
二転三転してどっちが間違っていたかと言うと、リストのほうでした。

何やら、完済をする上で、抵当権抹消原因証書申請なるものをしなければ
いけないらしく、それを仲介の人間が全く私に連絡していなかったことが
このどたばた劇になってしまったと。

今まで、何度と「この仲介大丈夫かな?」と不安要素ありありで
売却時にも戦略的に違うだろ?これじゃ売れないんじゃないかと・・・

心配していた不安がついに現実になった。

銀行の室長の方曰く、「今まで十数年この仕事をしていますが
仲介の仕事としては前代未聞のこと!」
と言ってました。

ちなみに、今のマンション借入銀行と、土地購入銀行は同じ銀行なので、
土地購入側の銀行の室長さんが色々と間に合わせるための根回しを
がんばってやってくれたので、なんとかギリギリセーフでしたが ><

この落ち度があるにもかかわらず、マンションの売却引渡しが伸びると
延滞金が発生するだのそんなことばかり、気にしてそこまでに至る仕事を
怠ってるのに、すごく腹が立ってます。

仲介の報酬である仲介手数料は、そこら辺のあらゆる手続き業務を円滑に
行って、その代行業やスケジュール管理をすることで、売主買主からの
報酬料としても伴っているんだよね?

また、もし仮に上記の件が間に合わなくなり、引渡し期日も過ぎてしまった
場合、仲介の落ち度を理由に延滞金を払わなくて済むにはどのように
すればいいんだろうか?

仲介に丸投げで、自分の知識も行動もなかったことに反省・・・しなければ
いけない出来事なのか?がよくわからなくて・・・

昨日は眠れない夜になりました。。。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。